rotting 600シリーズ

rotring 600に新カラーが登場しました。

マダーレッド、アイアンブルー、カモフラージュグリーン 価格 ¥3,000+税です。

もちろん、アイアンブルーを購入しました。

メカニカルペンシルの0.7mmを最初に購入し、後でボールペンを追加しました。

 ペンシル0.7mm

f:id:reo0o2:20200314233151j:plain

中身はきっと至って普通。

書き味も至って普通。

平成元年・1989年に登場して以来、現在では中高生にも人気?のようです。

ボールペン

f:id:reo0o2:20200314233049j:plain

ボールペンです。

中身はパーカー規格。標準リフィルは中字、良くも悪くも昔ながらの油性ボールペンです。

今ではゲルタイプのものや、ジェットストリームからも発売されているこの規格。

中身を入れ替えれば、実用の用途は更に良くなりそう。

ボールペンの登場は2017年。そんなに古くない。

ローレット加工のあるグリップのボールペンはそうないので、良いかもしれないです。

まとめ

f:id:reo0o2:20200314233026j:plain

ドイツのバウハウスデザインの影響を受けたものが増えつつあり、LAMY2000ブルーに続き、rotringからもブルーが登場しました。バウハウスは昨年100周年を迎え、次の100年に向けて、どのようなものが受け継がれていくのか。文房具にも少なからず影響していくものだと思っています。

 

0.5もあります。 

ロットリング ペンシル 600 2119971 アイアンブルー 0.5mm 正規輸入品
 
ロットリング ペンシル 600 2119974 アイアンブルー 0.7mm 正規輸入品
 

 

 

 

 

PLATINUM MIXABLE INK "Aqua blue"

f:id:reo0o2:20180326004050j:plain

 

プラチナのミクサブルシリーズから20mlバージョンが発売されました。

それと同時に、20mlの空瓶と透明のプレピーが発表されています。

発売日は4月中旬のようですが、東急ハンズにて先行販売されています。

 

続きを読む

2017年、買ってよかった文房具 万年筆編

f:id:reo0o2:20171231213341j:plain

 

2017年に購入した万年筆は30本程だったと思います。今年は廃番やビンテージの購入が

ほとんどでした。その中から昨年と同様に3本紹介します。


ultramarine3776.hatenablog.com

 

  •  
  • ペリカン #350 グレーマーブル
  • パーカー #75 シズレ バーメイル
  • プラチナ プレジデント 透明 銀
続きを読む

文具店TAG×サトウヒロシ 限定色 弁柄色

f:id:reo0o2:20171111234727j:plain

 

11月10日・11日に京都みやこめっせで開催していた、文具店TAGが開催する文具まつりに、行ってきました。

 

昨年の文具まつりでは、「小豆色」と「嵐山の霜降」という2種の限定インクが発売され、私は、「嵐山の霜降」を購入しました。

 

文具店TAG×京都草木染研究所 京彩(kyo-iro) 限定色 嵐山の霜降 - ぐんじょう

 

今年は、200本限定で「弁柄色」が発売され、今回はそれを購入しました。

価格はいつもよりちょっと高い1500円+tax。

 

 

そもそも、「弁柄色」ってなんでしょう?

kotobank.jp

 

 「暗い黄み赤」だそうで…。

 

続きを読む

文具店TAG×京都草木染研究所 京の音(kyonone) 限定色 秘色

f:id:reo0o2:20171026004148j:plain

 

結局購入しました。秘色です。

10月23日から文具店TAG全店及びインターネット通販で発売された限定色になります。

ネット通販では既に完売したようで、2017年10月26日現在、次回の入荷予定は11月10日になっています。

 

続きを読む

LAMY Safari Petrol[2017 Limited]

f:id:reo0o2:20171022173644j:plain

 

この記事からウォーターマークを変更してみました。

 

恒例となりつつある、サファリの限定品です。マットな軸に黒のクリップとニブという限定が去年から続いているので、つい買ってしまった一本です。

 

続きを読む

ASHFORD Time to pass MICRO5 8mm

f:id:reo0o2:20170918000227j:plain

 

  • 購入に至るまで
  •  システム手帳について
  • リフィルについて
  • まとめ

 

購入に至るまで

縁があって、販売開始一ヶ月で完売した、アッシュフォードのTime to pass M5を手にすることができました。

普段、手帳のメインはブラウニー手帳を使用しています。しかしあの手帳にはマンスリーがついていません。ただ来年度からダウンロードコンテンツにてマンスリーを補うことが出来ます。

そんなこんなで、システム手帳を使ってマンスリーを補完するというスタイルを2年弱続けてきました。そしてシステム手帳のサイズもA5、バイブル、M6と一通り試しました。

 

今のところ、あたぼうさんのHIRATAINDER(ヒラタインダー)のバイブルサイズがマンスリー兼メモ帳として機能しています。

 

しかしそんな中、アッシュフォードが30周年を迎え、限定品を多数販売しました。

その中にエレンやブルーコードバンのM5があり、周囲の方々がこぞって購入して使われているの見て、M5も悪くないんじゃないかとずっと思っていました。

そんなこんなで、ようやく手にすることが出来たシステム手帳のM5です。

 

このTime to passはエレンの後継品として限定発売されたようです。

www.ashford-style.com

 

しかしその後、趣味文CLUBにてエルフィンというネイビーブルー、フォレストグリーン、ダークブラウンの三色のマイクロ5が展開された事を考えても、その試作品であったのかな?と思います。

会員Web | 趣味の文具箱

 

続きを読む